毛穴の詰まり

45歳 鼻の毛穴が詰まってから、実践している方法です。

クレンジングオイルを使って、念入りに汚れを浮かせてから、更にクリームタイプの洗顔料でしっかり洗って流します。

 

たまにスクラブ洗顔をして、いわゆる「角栓」が黒く詰まるのを防いでいます。

 

私の場合には、「毛穴の詰まり」といえば、鼻の頭や小鼻の両脇の黒いブツブツが悩みです。元々鼻の部分はオイリータイプで口の回りはドライタイプの肌質です。
このブツブツは、肌の老廃物や化粧品などの汚れと肌の脂質が混ざり合い、強力な「角栓」に変化してしまうのだと思います。

 

これは、キッチンなどで、油分と乾燥した埃などが混ざると、汚れを分解するのがとても大変なことに似ていると思っています。

 

20代から30代の頃は、お手入れで解消する、ということはしていませんでした。

 

毛穴が黒く気になると自分の指先で、毛穴をギューッとつまんで、角栓を出していましたので、鼻には痕がついて、赤くなりましたし、爪の痕も残りました。

 

角栓を出した後の毛穴も、広がってしまって、美肌とはとても遠い状況でした。

 

40才になって、毛穴の広がりや痕のある肌は、ただでさえ老化してきた、肌の質感と相まって、とても惨めに見えました。

 

丁寧なクレンジングや洗顔で、毛穴の詰まりを解消しようと思ったのは、それからでした。

 

現在、加齢により新陳代謝の衰えをはっきりと感じ、いわゆるターンオーバーの肌周期にも時間がかかっていると思われます。

 

毎日、肌の汚れを落としていても、毛穴が詰まりやすいのは、次の汚れに対抗できる「肌の力」が弱くなっているのでは、と自分では、考えています。

 

私の場合、毛穴の詰まりなどの肌トラブルの要因は、お化粧の濃度や頻度による汚れだけでなく、加齢による影響もますます大きくなってくると思います。
毛穴を清潔に保つためのお手入れを

 

することに加えて、肌を含めた体全体に良い効果がある栄養素なども意識して摂取していきたいと考えています。